スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前から見たかった
「TOKYO」ついにDVDでみました。

tokyo500.jpg
■スタッフ
ポン・ジュノ、ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス

■キャスト
香川照之、蒼井優、竹中直人、荒川良々、藤谷文子、加瀬亮、伊藤歩、大森南朋、妻夫木聡、でんでん、ドゥニ・ラヴァン、ジャン=フランソワ・バルメ、石橋蓮司

『TOKYO!<インテリア・デザイン>』――駆け出しの映画監督である恋人・アキラ(加瀬亮)と一緒に上京してきたヒロコ(藤谷文子)。だが、なかなか期待通りの引越し先が見つからない上に、アルバイトもアキラだけが合格、夢にあふれる彼を横目に、ヒロコはだんだんと自分の居場所がないことを感じ始める…。そしてある朝、ヒロコが目覚めると、彼女の体の一部が木になっていた!? 『TOKYO!<メルド>』――大都市・東京で、突如マンホールから一人の謎の男が地上に出現。彼の名はメルド(ドゥニ・ラヴァン)。意味不明な言葉を発しながら、道行く人々に危害を加え始めた彼は、やがて手榴弾を渋谷の街に投げ込み、警察に拘束される。そしてこの謎の男の情報が世界中から寄せられる中、裁判が始まるのだが…。 『TOKYO!<シェイキング東京>』――東京のとある街で、10年間家を出ないまま、引きこもりの生活を続けている一人の男(香川照之)。ある日ピザを届けに来た美しい少女(蒼井優)と出会い、そんな彼の中の何かが揺れ始める。ところが、ピザ屋の店長によれば、彼女はもうバイトを辞めて永遠に家を出ないという。ついに家の外へと飛び出した彼は、彼女の住む街へと駆け出すのだが…。ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノという、N.Y.、パリ、ソウルで活躍する3人の鬼才による、東京を舞台にしたオムニバス映画。東京の“今”をファンタジックに映像化する。





内容はこんな感じですが。
僕は3作目の
『TOKYO!<シェイキング東京>』がとても気に入りました。
というか、久しぶりにDVDを観て、考えました。
そこら辺の紙切れに思いついたことを書き出しました。

一つ「思いつき」ができました。

これからこの「思いつき」を「アイデア」に変えていこうと考えています。

その「思いつき」は
時間の使い方の話です。


よろしくお願いします。
ちなみに、「TOKYO」お勧めです。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト
 

プロフィール

 

まつつゆ

Author:まつつゆ
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック

 
 

月別アーカイブ

 
 

カテゴリ

 
 

FC2カウンター

 

 

フリーエリア

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

 
 

リンク

 
 

ブロとも申請フォーム

 
 

QRコード

 

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。