スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7日間のホームレス生活(5日目)

・0時になり公園のベンチでゆっくり日記を書く。

・こんな早くから起きているのは初めてだ。もう眠くないので、この公園で日の出を見ることに。

・昨日からこの公園の水を浄水タンブラーにいれて、飲んでいるのだけど、浅草寺や神社、寺などの水より美味しい。(綺麗な公園だから、綺麗な水と感じるのかもしれない、もしかしたらすごく汚い水かも・・・)

・夜の公園はベンチに寝るホームレスや、ベンチで話すカップル、ランニングする人、帰宅する人がいて、結構賑やかだ。

・墨田区側に星が見える。東京で星を見たのは初めてかもしれない。

・今までに行った事がない所を歩いてみることに。僕が寝泊りしている梅若橋から300メートルの所に鐘ヶ淵駅という駅があった。ホームレス生活が終わり,帰る時はここから帰ろう。

・それにしても5日目にもなるとホームレス生活への刺激が薄くなり、日記に書くことが少なくなってくる。

・もうすぐ日の出だ。

・前から歩いてくるおじさんが、何か言いながら歩いてくるので、「おはようございます」と返したら歌を歌っているだけだった。昨日公園のベンチで話していたおじさんだった。まさかの再会だった。(あちらは僕を知らないが)

・警察は1日に5回は隅田川沿いを巡回している。

・水ではやはり、心と体が満たされない。気持ち悪くなってくる。そこで5~6キロメートルはなれたショップ99にジュースを買いに行こうと思う。それにしてもスーパーが見当たらない。スーパーがあれば安い飲み物が買えるのに・・・

・今ショップ99で1000mlのコーラを買った。この前、コーラで体の調子が良くなったので、スポーツドリンクよりこっちを選んだ。コーラの方が少しずつ飲めるから良い。(104円だった)

・友達のNさんから連絡があった。「何か危険な事があればいつでも連絡して!」「車で助けに行くから!」という連絡だった。とても嬉しかった、励みにもなった。そして、このホームレス生活は一人でやっているのではなく、多くの人に支えられていることに気付いた。残り2日頑張ろうという気持ちになった。

・ここで、友人のT君が話していた「人間は支えられなくなったら、漢字の一になってしまう」という話を思い出して、ニヤける。

・桜橋でコーラを飲む。生き返った。体がすごく楽になった。木陰になっている場所を見つけたので少し休憩することに。

・それにしても、吾妻橋~桜橋間はホームレスが少ない。僕の予想では上を走る高速道路が少し、陸側にずれている為に、雨がしのげないのだろう。(後でその場所に行くとその通りだった)

・今日はコーラを買うために結局10kmほど歩いた。20円と500mlの為に。しかし、様々なホームレスの小屋の写真を撮れたし、様々な情報も集まったので無駄ではなかった。
ホームレス5-1
ホームレス5-2
ホームレス5-3
ホームレス5-4
ホームレス5-7
ホームレス5-6

ホームレス5-5




・今日は近くの白鬚橋で炊き出しがあったが、時間を間違えて並べなかった。僕が寝泊りしている場所の近くだったし、人気の炊き出しであるカレーだったので残念・・・。今日は賞味期限が昨日までの食パンを1枚食べることに。

・今日の炊き出しは宗教団体の炊き出しらしく、炊き出し前に「1時間のお祈り」をしている。それを、食パンをくわえながら対岸からみている僕。
ホームレス5--8
※写真が小さいが、多くのホームレスが列に並んでいる



・すごく寂しかったが、自分が炊き出しの時間を間違えたのだ。誰のせいでもなく、また寂しくなる・・・。

・毎日公園で人間観察をしていたら、面白い人をよくみかける。川沿いで太極拳をする人(様になっていてカッコいい)。そして、対岸に向かってカメハメ波を打っているおじさん(50歳代、麦わら帽子)は毎日3時間ほどカメハメ波を練習している。こちらは、何かうさんくさい。

・今日は風が強い。夜まで強いままなら、僕の安い寝袋では飛ばされてしまう。(アルミホイルのような寝袋とイメージしていただければ、風に飛ばされてしまいそうなことはわかるだろうか?)

・今日も暑く、肌がヒリヒリしている。皮がむけて、その上から又、焼けて、の繰り返しだ。ホームレスが色黒なのがわかった。

・今日は16時に友人のTちゃんが様子を見に来てくれた。近くの駅まで迎えにいったが、今の私の風貌では駅前に行くのは恥ずかしかったため、駅前のはずれの、人が少ない所までTちゃんに来てもらった。

・久々に友人の顔を見てすごく温かい気持ちになったと同時に、今までのホームレス体験をひたすらしゃべり続ける僕。

・2時間ほど散歩しながらしゃべっていた。ホームレスについての話をした。いつもの2時間の10倍は早く時間が過ぎた気がした。別れの時間はすぐに来てしまった。Tちゃんを駅まで送って行く。

・来てくれてありがとう!という感謝の気持ちと、駅前の焼肉屋からの匂いが混じり、変な感覚になった。

・そして、駅に着いた。この電車に僕も乗ってしまえば、千葉に帰れると思うと、2日後の最終日がずっと遠くのように感じた。

・僕はTちゃんに「来てくれてありがとう」とお礼を言った。Tちゃんは僕に「良い経験をありがとう」と言った。Tちゃんの方が僕よりも1枚も2枚も上手だった。Tちゃんはスイカでススッと行ってしまった。

・僕は駅前を後にし、ホームレスの住む場所へ。今日は疲れたので寝る為に梅若橋に。19時になろうとしていた。

・そのまま19時に寝た。しかし、疲れはとれなかった。強風のせいで寝袋が大変なことになり、とても眠れるような状態ではなかった。寝袋はバサバサうるさいし、日焼けはヒリヒリするしで、すごくイライラした。結局、寝袋をたたみ何も被らずに寝た。しかし、1時頃に寒くて起き、強風の中、又、寝袋に入った。本当に最悪な夜だ。それが3時まで続いた。

・今日1日の食事は、カレーの炊き出しに並ぶホームレスを見ながら食べた、食パン1枚だった。

・そして、今日も梅若橋は私の寝床となった。
スポンサーサイト
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://matu0331.blog45.fc2.com/tb.php/31-5688d81c
 

プロフィール

 

まつつゆ

Author:まつつゆ
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック

 
 

月別アーカイブ

 
 

カテゴリ

 
 

FC2カウンター

 

 

フリーエリア

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

 
 

リンク

 
 

ブロとも申請フォーム

 
 

QRコード

 

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。