スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜バイト

昨日というか今日の朝3時ごろコンビニでレジを打っていました。

私はこのバイトを6年間続けているので、髪が長くても、鬚が生えていても、最近は何も言われなくなりました。

話はかわり、

40歳代のおばさんが3時20分頃一人で来店。

店内を10分ほど物色し、パンと飲み物を持ってレジのあるカウンターへ。

おばさんはパンと飲み物をレジカウンターに置き、財布を取り出しながら少し体を斜めにして待っていました。

僕は「いらっしゃいませ。」「○○が一点。」「○○が一点で合計○○円になります。」

そう言いながら、品物を袋に入れ、おばさんの方に持ち手を向けました。

すると、おばさんは静かに1000円札を1枚レジカウンターに置きました。

僕は「1000円からお預かりします。」「○○円のお返しになります。」

と小銭数枚を丁寧にレシートの上にのせ、おばさんの手に向かって優しく運んでいました。



すると・・・













おばさんの手は・・・
















レジカウンタに向かって指さされていました

一瞬、戸惑いましたが

無言の人差し指に指示されるがままに、レシートとその上にのった小銭をレジカウンターへ。

おばさんは、レシートに触れないように、

小銭だけをつまむようにして、

お釣りを取り、無言で財布にしまい。

帰って行きました。

「ありがとうございましたー」

そのおばさんは店長の話では

潔癖症らしいです。










その後は、そのことで頭がいっぱいでした。

「本当に潔癖症の人なのかな」

「そうだったら毎日大変だろうな」

「もう少し気を使えばよかったな」

「もう少し身なりをコザッパリしようかな」










そんな事で頭をいっぱいにし、モヤモヤのまま、店の外にゴミを捨てにいきました。

すると、






さっきのおばさんが手も洗わずに、地面にどっかりと座り、パンにかぶりつき、浴びるように飲み物を飲んでいました。





潔癖でも何でもありませんでした。

一気に憎たらしくなりました。
スポンサーサイト
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://matu0331.blog45.fc2.com/tb.php/62-911f4c30
 

プロフィール

 

まつつゆ

Author:まつつゆ
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック

 
 

月別アーカイブ

 
 

カテゴリ

 
 

FC2カウンター

 

 

フリーエリア

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

 
 

リンク

 
 

ブロとも申請フォーム

 
 

QRコード

 

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。